北軽井沢の全室バストイレ付きペンションタイプの宿で減農薬の米と高原野菜を味わおう!

トップへ 御案内 料金 交通 食事 設備 ツアー 観光 おしらせ 御予約
■食事
■食事内容と料金
■飲み物類の販売
■電子レンジ・給湯・御茶など
■アレルギーなど特殊な食環境の方
■外食を考えてる方へ
■バーベキュー
■高原野菜・とり牧場・観光農園

バーベキューをしたい方へ

北軽井沢ブルーベリーYGHでは、バーベキューをやっていませんので、下記の施設を紹介いたします。

スウィートグラス(おすすめです)

〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990
Tel : 0279-84-2512 / Fax : 0279-84-3533
http://sweetgrass.jp/common/facility/bbq_building.html

※BBQハウスのご利用には事前のご予約が必要です。
※ご予約は電話のみとなっております。
※日帰り利用の方は別途入場料が発生します。
※定員は小学生以上の方からカウントしております。

<ご利用案内>

料金

1炉(6名迄) ¥2,000
2013年4月1日より1炉/2,100円

利用時間

【昼の部】11:00〜15:00  【夜の部】16:00〜20:00
※上記時間外(9時〜18時)は、場内の遊具や多目的広場などでお過ごしいただけます。(多目的広場には、ご自由にお使いいただけるピクニックテーブルがあります。)
※昼の部と夜の部を両方お取りいただければ11:00〜20:00までお使いいただけます。

料金に
含まれる物

BBQ炉付きテーブル・チェア・鉄板・ゴミ袋(可燃、不燃)
※鉄板:管理棟でお渡しいたします。

お客様に
準備いただく物

食材・燃料(炭など)・食器類・調理器具類・網(必要であれば) 
※食材以外は、レンタル品をご利用いただくか、または売店でもお買い求めいただけます。

オススメオプション

SGオリジナル食材(グリーンスタイルホワイトスタイル)・大型ガスレンジ

オススメレンタル品

火おこしセット(炭1袋(3kg) ・網・着火剤 (3個) ・マッチ・うちわ・火ばさみ)


浅間高原 くるみの森キャンプ場(おすすめです)

群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1353  
TEL:0279-84-1078
関連HP:http://www.camp-kurumi.com/
利用期間:4月中旬〜10月下旬   
利用時間:9:00〜18:00  
受付:3月1日より受付  
料金
日帰りバーベキュー・4歳以上500円 
BBQ棟利用・4歳以上800円
広々したテントサイトで日帰りバーベキューが楽しめます。また、雨でも安心のバーベキュー棟があります。自然の中で、のんびりしたい方におすすめです。

食材の購入場所

■サンエイ 0279-97-3712
群馬県吾妻郡嬬恋村大字西窪44-1

■オアシス(aコープ) 0279-80-6820
群馬県吾妻郡嬬恋村大字大前767-2



肉の焼き方

 バーベキューで肉を焼く時には、大きく5つのグリルスタイルがあります。

■直火焼き
 元来の日本人のバーベキュースタイルのほとんどが、網の上に直接肉を置いて焼く、この「直火焼き」だと思います。但し直火焼きには、厚みのある肉は中まで火を通しづらいという難点があります。

■間接焼き
 間接焼きとは、直接食材を火に当てない焼き方で、焦げやすいロースの塊や、中まで火の通りにくいスペアリブなどを焼く時に効果があります。具体的には、グリルの両端に炭を寄せて真ん中には炭を置かず、その真ん中部分にアルミ容器などを置き、肉を焼きます。蓋があれば、よりうまく加熱できます。

■スモーク(燻製)
 スモーク(燻製)とは、間接焼きの応用で、スモークチップ(木材片)を燃やし、そこから上がる大量の煙で低温調理する焼き方です。ソーセージやベーコンなどを作る時の調理法として有名ですが、普通のバーベキューグリルでもコツさえ抑えておけば簡単に行えます。基本的にはグリルの炭火にスモークチップをふりかけて、蓋をして蒸し焼きにするだけです。この時、使うチップをあらかじめ1時間位水に浸しておけば、発火せずにくすぶるようにいい具合に煙を出してくれます。チップは桜やりんごなどの堅めの木を使います。

■ロースト
 ローストとは、あぶり焼きという意味ですが、ロティスリー(回転する焼き串付きのあぶり焼き用器具)の付いたグリルなら、肉の表面を転がしながら焼き上げるローストバーベキューが楽しめます。チキンなどの鳥料理でよく使われますので、ご存知の方も多いでしょう。ローストの場合は肉汁が沢山出ますので、油受けのアルミ容器を準備しておくと手間がかかりません。

■遠火焼き
 遠火焼きとは、食材を火から遠く離して(数十センチ〜1メートル以上)じっくり時間をかけて焼き上げます。場合によっては、食材の外に反射板を立てて加熱を助けます。アユやイワナなどの川魚を焼く時に使う手法といえば、私たち日本人には一番わかりやすいかも知れません。