北軽井沢の全室バストイレ付きペンションタイプの宿に泊まって
観光・温泉・グルメ・登山・ハイキング・テニス・スノーシュー・スキー!

トップへ 御案内 料金 交通 食事 設備 ツアー 観光 おしらせ 御予約
アクセス総合
車・レンタカー・タクシーを利用
バイクで旅される方
自転車で旅される方
歩きで旅される方
電車で旅される方
路線バスについて
高速バスについて



駅レンタカー
駅ネット
路線バス・草軽交通
路線バス・西武高原バス
関西→軽井沢(千曲川ライナー)
池袋→軽井沢(西武高速バス)
新宿→北軽井沢(キラキラ号)

自家用車・レンタカー・タクシーを利用して当宿にこられる方

 まず地図を御用意いただき、国道146号線をさがし、国道146号線上の北軽井沢の信号(交差点)をさがせばいいだけです。それで、99パーセントは、北軽井沢ブルーベリーYGHを発見したようなものです。あとは簡単なんです。北軽井沢の信号(交差点)のそばにあるコンビニの脇道(県道235号線)を、西に向かって、ぴったり2キロ走るだけでいいのです。不安な方は 北軽井沢からの地図(PDFファイル44KB) をプリントアウトしておもちください。あと北軽井沢にはガソリンスタンドは、あまりありませんからガス欠になったら躊躇無くいれることです。大丈夫です! 群馬県は長野県より、ガソリン代は安いですから。

1.軽井沢方面から

 軽井沢方面からくる方は、中軽井沢駅前から入る国道146号を20分くらい北上してください。20分ほど走ると北軽井沢の交差点があります。その交差点の手前のコンビニ(セーブオン)の手前の道(県道235号線)を左折してください。左折して2キロほど走ると、左手に北軽井沢ブルーベリーYGHがあります。

●注意点

 国道146号には、信号もコンビニも、ガソリンスタンドも、たくさんあるわけではありませんし、街灯もなければ民家もありません。あるのは森と野生動物の住処ばかりです。ようするに山道なんです。ですから、できるだけ、はやめの到着が望ましいと思います。暗くなると、本当に心細くなります。秘境にでかける覚悟で来られると良いと思います。逆に言うと、そのくらいに自然の多いところであるわけですから、自然を満喫するには、とても満足度が高いところですね。

2.渋川方面からくる方

 渋川方面からくる方は、国道353号を草津・嬬恋方面に向かって走ってください。国道353は、途中から国道145−国道144と変わりますが、とにかく草津・嬬恋方面に向かって走ってください。そして、大津の信号に達したら国道146に曲がって、北軽井をめざしてください。そして北軽井沢の交差点を通りすぎたらコンビニ(セーブオン)がありますから、その脇道(県道235号線)を右折してください。右折して2キロほど走ると、左手に北軽井沢ブルーベリーYGHがあります。

●注意点
 このルートは、ちょっと距離があります。ただし、国道145−国道144は、いろいろな見所があり、寄り道しながら北軽井沢をめざすなら最適です。温泉も多く、冬はカモシカに出合うチャンスもあります。そして雪の比較的少ない道でもあります。なにより、もうすぐダムに沈む道ですから、今のうちに走っておくのも良いと思いますね。あと深夜になると信号が、点滅(注意信号)にかわるので、信号ストップも少なくなります。問題は、国道353と国道146の入口です。ここがわかりにくいので、助手席の方は、充分にサポートを御願い致しますね。

3.菅平方面からくる方

 菅平面からくる方は、国道144号を草津・嬬恋方面に向かって走ってください。鳥居峠を越えてから、しばらく走りますと大笹の信号に到着します。そこから県道235号線を右折して、ず〜っと走ってください。途中、有料道路を横切り、さらに走るとT字路にぶつかります。そこまでくれぎ北軽井沢ブルーベリーYGHは、目の前です。

●注意点
 北陸・新潟下越地区からくる人にとって、最短距離のコースになりますが、このルートの間違えやすいポイントは、大笹の信号です。ですから鳥居峠を越えてからは、大笹の信号に気をつけてください。それからガソリンスタンドは、あまりありませんからガス欠になったら躊躇無くいれることです。

4.二度上峠方面からくる方

 二度上峠方面からくる方は、高崎から国道406号に入って倉渕村をめざしてください。途中、県道54号に入り、北軽井沢の交差点をめざします。北軽井沢の交差点に到着したら、左折してコンビニ(セーブオン)の脇道(県道235号線)を右折してください。右折して2キロほど走ると、左手に北軽井沢ブルーベリーYGHがあります。

●注意点
 東京からだと下道の最短距離になります。道を知っている人なら高崎から80分で北軽井沢に到着できますし、私どももよく使う道です。しかも、いつも空いているために、抜け道としても有効です。ただし、冬は使用をあきらめた方が無難です。路面が凍結して大変危険だからです。そういう場合は、国道146号をおすすめします。国道146なら凍結しても、なんとかかわす事ができるからです。
 それから、この道は、30kmにわたって、タヌキやキツネ、カモシカ、猿等の住まいしかありません。途中携帯が使えないところもあります。入場無料のサファリパークのような秘境であり、コンビニも少ないです。 ですから夜間の利用は、よく考えてお使いください。ただし、この道にも、各所に温泉や見所があり、寄り道がてらなら、悪くない道ですね。

5.万座方面からくる方

 万座方面からくる方は、万座ハイウエイから、鬼押しハイウエイに入って、県道235号線との交差点(すずらん坂)をめざしてください。交差点につきましたら県道235号線を左折して、ず〜っと走ってください。さらに走るとT字路にぶつかります。そこまでくれぎ北軽井沢ブルーベリーYGHは、目の前です。

●注意点
 この道を通る時に、腹立たしく思うことは、有料道路の料金が高いことです。特に万座ハイウエイは、1000円と高く、ですから財布のヒモは大いにゆるみます。ただし、新緑や紅葉の時期の万座ハイウエイ・嬬恋牧場の美しさは、それはもう素晴らしいの一言です。ですから、この道を利用される方は、時間にゆとりをもって来られることをおすすめします。景色つき1000円の有料道路は、それほど高いとは感じませんが、ただ通るだけの有料道路なら1000円は高すぎます。
 あと、万座ハイウエイと鬼押ハイウエイを結ぶ区間も分かりにくいので、よく地図で確認しておいてください。それと、万座と志賀高原には、ガソリンスタンドが無いのも要注意です。燃費の悪い山道です。出発前にガソリンは満タンにしておいてください。

6.草津方面からくる方

 草津方面からくる方は、国道292を軽井沢方面に向かって走ってください。そして、大津の信号に達したら国道146に曲がって、北軽井をめざしてください。この大津の信号が間違えやすいので気をつけてください。そして北軽井沢の交差点を通りすぎたらコンビニ(セーブオン)がありますから、その脇道(県道235号線)を右折してください。右折して2キロほど走ると、左手に北軽井沢ブルーベリーYGHがあります。

●注意点
 草津から北軽井沢は、40分ほどです。私たち地元の人間の感覚からすると、隣近所にでかける感覚ですが、御客様の感覚ではどうでしょうか? ちなみに、このルートの注意点は、警察のネズミ取りが多いところにあります。一時停止や、スピード違反には、じゅうぶんに気をつけて走ってください。

7.ラズベリーYHからくる方

 谷川岳ラズベリーYHからくる方は、国道17号を南下し、途中から国道145に入りましょう。そして、草津・嬬恋方面に向かって走ってください。そして、大津の信号に達したら国道146に曲がって、北軽井をめざしてください。そして北軽井沢の交差点を通りすぎたらコンビニ(セーブオン)がありますから、その脇道(県道235号線)を右折してください。右折して2キロほど走ると、左手に北軽井沢ブルーベリーYGHがあります。

●注意点
 実は、このルートより、20分ほど早く行ける近道があります。上毛高原駅を経由し、この道を使って中之条に抜ける道です。この道だと1時間30分で、ラズベリーYHとブルーベリーYGHを結べます。谷川岳ラズベリーYHのマネージャーと相談してみてください。